産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

埋葬スタイルの違い

「一般墓地」以外に、「納骨堂」、「永代供養墓」、「樹木葬」といった、良く使われる大きなくくりで墓地の特徴を指す分類を、「ソナエ」では「埋葬スタイル」による分類と表現しています。それぞれの墓地の特徴を説明しましょう。

埋葬スタイルの違い

一般墓地(石墓・石塔)

墓地に石製の墓標(墓石)を建てるもので、最もポピュラーな形式です。「○○家之墓」などと書かれた墓石の下で家族が眠る「家墓」と、個人ごとに墓石を建てる「個人墓」があります。墓石のかたちは「和型」と「洋型」に大別できますが、そのどちらにも当てはまらないユニークなものもあります。

一般墓地

納骨堂

大きな建物に多数の人の遺骨を納めるタイプのお墓です。「遺骨のロッカー」と考えればイメージしやすいでしょう。納める遺骨は1スペースを1人で使うこともあれば、家族で共有できる施設もあります。他人の遺骨と一緒にならないので、お墓の引っ越し(改葬)に対応できることなどがメリットです。

納骨堂

樹木葬

草木を墓標にするお墓です。草木は故人1人につき1本の場合もあれば、複数人で1本の場合もあります。1999年に岩手県一関市の知勝院が始めて、急速に普及しました。「自然に還る」というイメージで人気が高まっていますが、人によっては「イメージとちょっと違う」と感じるようなところもあります。

樹木葬

永代供養墓

遺骨を骨壺から出して、複数の人と一緒に埋葬するタイプのお墓です。遺骨は他人のものと混ざるので改葬には対応できません。納骨堂、樹木葬に納められた遺骨も、一定期間を過ぎれば永代供養墓に移されることが多いです。ほかのタイプのお墓と比べて購入費が安いことが最大の特徴です。

散骨

文字どおり遺骨をまく葬送の方法です。91年に発足した「葬送の自由をすすめる会」が先鞭をつけました。海に遺骨をまく海洋散骨がポピュラーですが、山林にまくケースもあります。また、発展型として気球を使って高高度から遺骨をまくものや、ロケットを使っての散骨もあります。