産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

墓石の種類と構成

墓石の形の種類には、「和型」、「洋型」、「ニューデザイン」などの種類があります。ですが、墓地によっては、制限がある場合もあります。和型の墓石は、中心となる石塔だけではなく様々な付属品で構成されています。

墓石の種類

墓石は墓標、つまりお墓の標(しるし)として建てる石工品(石製品)のことで、一般的に故人の戒名や俗名、没年などが刻まれます。古い墓地などで見かける五輪塔や宝篋印塔、宝塔、多宝塔、無縫塔などを総称して「供養塔」と呼びますが、これは死者供養のため、または供養会を行なった印として建てた石塔で、もともと中世に支配階級の間で普及したものでした。その中でも五輪塔は庶民に広まり、墓石としても多く建てられました。

今日多く見られる、石材を縦に積んだ墓石は、「和型(角柱墓、三段墓)」(写真左)と呼ばれるものです。鎌倉~室町時代にかけて禅宗とともに位牌や戒名が中国から伝わると、その影響を受けて位牌型の板碑や今日の墓石に近い角柱墓が作られたとされます。その後、江戸時代に檀家制度が確立したことで庶民の間に供養や仏事の慣習が定着し、個人・夫婦単位で墓石を建てるようになったと言われています。さらに明治中期に家制度が確立すると、墓石も家単位で建立し、仏石(竿石)の正面文字も「○○家(代々)之墓」などと彫られるようになりました。

最近は和型以外の墓石も増えており、主としてオルガンのような横長の石材を使った「洋型」(写真中)や、和型・洋型をアレンジした「ニューデザイン」(写真右)、あるいは従来の形に捕らわれず自由な発想で設計した「オリジナルデザイン」墓石なども見られます。

和・洋・デザイン墓石

また同じ「和型」でも、墓石の構造や標準寸法、細部の形状などは、時代や地方、風習などによって異なります。これは埋葬方法が土葬から火葬に変化したことでも大きく変化しました。竿石の頭部を四角錐状に加工した「神道型」、仏石の上に笠石を載せた「大名墓」、仏石の下にスリンや蓮華台、猫足などを入れたもの、竿石正面を額縁状に加工したものなどさまざまなものがあります。

墓石の構成

和型の墓石はいくつかの付属品で構成されています。

お釈迦様の教えに基づけば、香炉・花立て・水鉢の3点が必需品となりますが、墓石のデザインによっては水鉢がないものもあります。

この他、必要に応じて墓誌(法名碑)や塔婆立て、墓前灯籠(置き灯籠、灯明)、物置石、物入れなどが配置されます。

外柵は個々の区画を石で囲ったもので、関西では「結界」「境界石」「巻き石」とも呼ばれます。地上に納骨室を設けて、その上の舞台に墓石本体と付属品を配置する「丘カロート」と呼ばれる構造のものもあります。

いずれにせよ、墓石は重量物を積み上げたものなので、墓地の地形や地盤の強度、気候などを見極めた上で、しっかり基礎工事を行ない、専用の接着剤や金具など地震対策(耐震・免震・制震)に充分配慮した方法で施工しなければなりません。

石塔とカロート 外柵と付属品