産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

お墓レポート

お墓レポートをもっと見る

「茶屋」のある公営霊園「横浜市営久保山墓地」(横浜市西区)

2016.12.19

見渡す限り墓地、墓地、墓地…。東京ドーム2.5個分の久保山墓地

 横浜市は長い間、市営墓地の公募を行っていませんでした。引っ越しなどで利用者から返還された区画を確保し、募集を再開したのは2011年度。実に22年ぶりでした。その後は毎年、久保山、三ツ沢、日野公園の3墓地で順番に利用者を募集しています。17年度は久保山の予定です。今回はその「久保山墓地」を訪問しました。 

東京ドーム2.5個分の敷地

最寄りの「久保山霊堂前」バス亭

園内はアップダウンのある地形となっている

 久保山墓地が開園したのは1874(明治7)年。横浜で最も古い市営墓地です。総面積は約12万6000平方メートルで、東京ドーム2.5個分の敷地に約1万4000区画あります。複数の寺院墓地が隣接しており、見渡すかぎりお墓が広がっている様子は壮観です。

 園内に駐車場がないため、バスでの墓参が便利です。京急本線「黄金町駅」の改札口を出て「黄金町」バス停から市営バス32系統(「保土ヶ谷車庫行き」)に乗車。5~6分乗り、「久保山霊堂前」か「聖隷横浜病院前」で下車すると、すぐに久保山墓地の入口があります。JR横須賀線「保土ヶ谷駅」からも同じバスが利用できます。1時間に1本程度の運行なので、時刻表は確認したほうがよいでしょう。

 墓地の入口はバス通りを含め5か所以上あります。園内は起伏に富んだ地形のため、階段を上り下りしなければなりません。手すりのあるスロープも設置されていますが、傾斜がきついところもあり、車いすでの墓参は難しそうです。このあたりは最初からバリアフリー設計された最近の霊園との大きな違いです。

墓参代行や墓石工事も

園内に点在している茶屋

茶屋では休憩もできる

 広大な墓地を歩き回って気づいたのが、掃除や花立に必要な水場やお手洗いが管理事務所横に1カ所しかないことです。実は久保山墓地では「茶屋」という墓参者用の施設が十数軒、点在しているのです。

 お花や線香を扱うため、もともと「花茶屋」と呼ばれていたそうですが、そのほかにも墓参代行や墓所清掃から墓石工事、名義変更の取り次ぎまで、お墓のことなら何でもお願いできるのが特徴です。

 そんな茶屋のひとつ、「かるべ茶屋」では数千件の清掃契約を請け負っています。ご主人によると「何世代にもわたる固定のお客様も多く、国内でも珍しいシステム」だそうです。飲み物を買って店内で一服できるほか、20人程度まで会食できるスペースもあります。利用者は水場やお手洗いを借りることもできます。

 墓参は大切な家族の行事であることは承知しつつ、掃除などの負担も多いと考えていた記者。こうしたお茶屋さんとの付き合いがあれば、例え一人でお墓を守ることになっても心強いだろうと感じました。

村岡花子ら著名人の墓も

関東大震災の犠牲者を埋葬した合同墓地

『赤毛のアン』の村岡花子が眠るお墓

 久保山墓地は古いお墓だけに、歴史を感じる場所があちこちにあります。

 まず敷地内に立つ久保山火葬場。現在は場所も少し移動し、建物も新しくなっていますが、第二次世界大戦後、巣鴨拘置所で絞首刑となった東条英機らA級戦犯7人が火葬されたことで知られています。

 戦没者の重厚な墓碑も多く、手厚く埋葬されたことが分かります。古くは戊辰戦争の兵士も眠っています。

 著名人のお墓もいくつか見かけました。江戸時代に現在の関内あたりを埋め立てた吉田勘兵衛、『赤毛のアン』の翻訳者の村岡花子、横浜商法学校(現在の市立商業高校)の初代校長の美澤進…。関東大震災の犠牲者を埋葬した合同墓碑もあり、横浜ゆかりの人々や土地の歴史に触れることができます。

 繁華街から少しはずれた小高い丘にある久保山墓地からは、ランドマークタワーなど横浜の街が一望できます。お天気がよければ富士山も見えるそうです。ドラマのロケ地として人気というのもうなずけました。

毎年9月ごろ利用者募集

久保山墓地の管理事務所

 市営墓地の募集は毎年9月ごろ行われます。申し込みは横浜市民に限られ、遺骨を自宅で保管しているか、久保山墓地の場合は隣接する久保山霊堂に預けていることが条件。他の墓地にすでに埋葬している場合は応募できません。

 2011年度以降は毎年、300区画程度募集していますが、希望者が多く、平均3~4倍の競争率となっています。抽選に当たると区画が割り振られますが、利用者が区画を選ぶことはできません。

 12年に市が行ったアンケートによると、墓地取得を考えている市民の46%が市営墓地を希望。市担当者は人気の理由を「市が管理運営していることへの安心感」ではないかと分析しています。1㎡あたり14.5万円というお手頃な永年使用料も魅力です。一般的な大きさで20万~27万円前後、墓石代込みで100万円程度からお墓が建てられます。ただし、久保山墓地は丘陵地を開発した墓地であるため、斜面が割り当てられる可能性もあります。その場合、基礎部分に石を積んで平らにするなど、自己負担の工事費が別途発生します。

 横浜市は久保山、三ツ沢、日野公園の3墓地で、お墓を引っ越したり、継承者がいなくなったりして返還された墓所を2000区画以上確保しました。今後も順次、利用者を募集するそうです。

(村山玲子)



 村山玲子(むらやま・れいこ) 2000年入社の産経新聞記者。名古屋市生まれ。家族は夫と息子2人、金魚3匹。キリスト教徒だが、夫は曹洞宗の寺院に代々の墓を持つため、お墓をどうすればよいか個人的に検討中。行ってみたい聖地はリトアニアの十字架の丘。好きな食べ物はパクチー。


     
  • 見渡す限り墓地、墓地、墓地…。東京ドーム2.5個分の久保山墓地
  •    
  • 最寄りの「久保山霊堂前」バス亭
  •  
  • 園内はアップダウンのある地形となっている
  •  
  • 園内に点在している茶屋
  •  
  • 茶屋では休憩もできる
  •  
  • 関東大震災の犠牲者を埋葬した合同墓地
  •  
  • 『赤毛のアン』の村岡花子が眠るお墓
  •  
  • 久保山墓地の管理事務所
  •      
  • 「かるべ茶屋」の会食室
  •    
  • 横浜商法学校初代校長、美澤進の墓碑

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

このお墓の情報

よこはましえいくぼやまぼち

横浜市営久保山墓地

  • 公営
  • 宗教不問
  • 一般墓
  • 駅から
    便利

  • 管理人
    常駐

  • 設備が
    充実

  • 駐車場
    が充実

  • 永代
    供養

  • 車いす
    に対応

  • 眺めが
    いい

  • 100万円
    以下

  • ペット
    と一緒

  • 友だち
    と一緒

  • 新規
    開園

  • 大型
    霊園

予算

総額目安 20.3 万円~

価格表

区間名 面積 永代
使用料
墓石価格 総額 年間
管理費
一般墓地 1.4 ㎡ 20.3 万円 5,000 円
一般墓地 1.9 ㎡ 27.6 万円 5,000 円
・このお墓の予算欄には永代使用料を掲載しています。別途、墓石代が必要となります
・永代使用料は非課税です。墓石価格には消費税がかかります
・墓石価格には彫刻代と工事代が含まれます
・寺院墓地は年間管理費欄に「護寺会費」などを掲載しています
・完成墓地の価格には永代使用料と墓石価格が含まれます
・同じ区画でも条件などによって価格が異なる場合があります。この場合、その区画の最も安い価格を掲載しています
・灰色で表示した区画は売り切れた区画です
・最新情報を掲載するよう努めていますが、時間差で売り切れた区画を掲載している場合があります。価格は予告なく変更する場合があります
・価格表に掲載していない区画もあります。詳しくは資料請求するか、お問い合わせください

最寄駅

京急本線 黄金町駅

交通アクセス

電車で 1:京急本線「黄金町駅」からバス5分、「久保山霊堂前」下車徒歩2分
2:JR横須賀線「保土ケ谷駅」からバス8分、「久保山霊堂前」下車徒歩2分
車で
その他

このお墓の詳細情報

名称 横浜市営久保山墓地
運営区分 公営
募集条件 宗教不問
埋葬スタイル 一般墓地
所在地 横浜市西区元久保町3-24
敷地面積/総区画数 126,000㎡/ 14,000区画
開園年 1874年
主な設備 管理棟、水場
駐車場
特色 大型霊園、著名人が眠る、富士山が見える

【申し込み資格など】

・横浜市に3か月以上在住の方(2017年6月1日以前に住民登録をされている方)
・1世帯1申込み(日野こもれび納骨堂 合葬式納骨施設を除く)
・遺骨保持区分の申込者については、現に自宅や一時保管施設に遺骨を保管・収蔵している方

周辺の地図

up.png