産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

お墓用語集

納骨場所の形態や管理に関する用語

【家墓】いえ-はか
継承を前提とした墓。1つの墓石に複数の遺骨を納める方法は火葬されるようになって普及した形態で、土葬時代は個人ごとに埋葬する個人墓が主流だった。

【永代供養墓】えいたい-くよう-ぼ
子々孫々での継承を前提とせず、主として寺が子孫に代わって供養する形式の墓。子供の有無に関わらず、関心をもつ人が増えており、永代供養墓の数は年々増加している。本人の生前申し込みを前提としている寺も多い。個人単位、家族単位、血縁を超えた複数人での納骨など、「誰と入るか」には、さまざまな形態がある。供養という言葉が宗教的意味合いをもつとして、公営墓地などでは、血縁を超えて納骨する場所を「合葬墓」「合祀墓」「合同墓」「共同墓」「集合墓」などと呼ぶケースもある。

【合葬墓】がっそう-ぼ
血縁を超えた複数人の遺骨を納める墓。一定期間は骨壷で安置するが、期間が過ぎると骨壷から遺骨を出し、一箇所に共同埋蔵する仕組みの墓が一般的。稀に、最初から共同埋蔵するタイプの墓もあり、「合祀墓」と呼ぶこともある。永代供養墓は、合葬墓の一種。

【共同墓】きょうどう-ぼ
市民団体などが運営する合葬墓を共同墓と呼ぶことがある。血縁を超えて複数人を納骨するので合葬墓ではあるが、市民団体やサークルの会員向けであり、仲間で運営するという観点から、共同墓と表現する。

【樹木葬】じゅもく-そう
1999年に岩手県の寺が始めた新しい葬送方法。「自然にかえる」というイメージが評判を呼び、全国に広がった。墓地全体を木の多い公園のように整備するものや、納骨した場所に墓標代わりに木を植えるもの、シンボルツリーの周りに納骨するものなど多様。

【手元供養】てもと-くよう
遺骨の一部あるいは全部を手元に置いて供養する新しい慰霊方法。専用のペンダントに入れて肌身離さず持つ方法や、ミニ骨壺に入れて仏壇に祀る方法などがある。

【納骨堂】のうこつ-どう
他人の委託を受けて焼骨を収蔵するための施設。納骨堂として都道府県知事の許可を受ける必要がある。一般的には遺骨を納める屋内型の施設であることが多く、ロッカー型、仏壇型、墓型などがある。墓石購入の必要がなく、比較的料金が安価なため、都市部を中心に増加している。コンピューター制御で参拝スペースに、自動的に骨壷が運ばれてくるタイプもある。

(注)墓地の形態の定義について一般的なものを掲載しました。実際の用語使用をめぐっては役所、霊園、寺院、業者さらにメディア上での表現に相当なばらつきがあります。墓地購入を考える際などには、どのような形態を指しているのかを相手先に確かめる必要があります。(終活読本ソナエ 2013年夏号より)