産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

お墓用語集

設置場所からみた用語

【公営墓地】こうえい-ぼち
都道府県、市町村などの自治体が運営・管理する墓地。宗教・宗派に関係なく利用できる。契約条件は自治体によって異なるので確認が必要。1平方メートル当たりの使用料・管理料は安めに設定されているが、民間墓地に比べると区画が大きいことが少なくないので、建墓費用が安いとは限らない。

【個人墓地】こじん-ぼち
個人の所有地にある墓。古いものが一般的で、法律上、現在では新しくつくることはできない。

【寺院墓地】じいん-ぼち
寺が運営・管理する墓地。境内にあることが多いが、公営墓地の一画にあることもある。管理が行き届いている上、お経を上げてもらう場合などに便利。寺院墓地の取得はその寺の檀家になることとほぼ同義。宗教が違う場合は改宗が条件となることが一般的。墓を建てる際には石材業者が指定されている場合が多い。

【村落共同墓地】そんらく-きょうどう-ぼち
地域の共同体によって維持・管理されてきた墓地。地域の共有地にあることが多い。

【墓地】ぼち
墳墓(焼骨を埋蔵する施設)を設ける区域。一般的なものに、「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」の3種類ある。他に、「個人墓地」「村落共同墓地」がある。

【民営墓地】みんえい-ぼち
財団法人や宗教法人が運営・管理している。宗教・宗派を問わないところが一般的。公営墓地に比べ契約条件が緩いところが多い。費用は千差万別。墓を建てる際には石材業者が指定されているところも多い。「民間霊園」ともいう。

(注)墓地の形態の定義について一般的なものを掲載しました。実際の用語使用をめぐっては役所、霊園、寺院、業者さらにメディア上での表現に相当なばらつきがあります。墓地購入を考える際などには、どのような形態を指しているのかを相手先に確かめる必要があります。(終活読本ソナエ 2013年夏号より)