産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、どんなことでもお気軽にご相談ください

一般記事

ニュースをもっと見る

宮崎美子さんインタビュー 60代は楽しみ尽くそう

2021.05.14

YouTubeに挑戦 〝老後〟の遊び場です

 ドラマやクイズ番組などで活躍する女優、宮崎美子さん(62)。デビューから40年の節目となった2020年は、動画投稿サイトのYouTube(ユーチューブ)チャンネルを立ち上げたり、水着のカレンダーを発表したりと、新たな挑戦が注目されました。前向きに明るく年齢を重ねる秘訣や、終活への心構えを聞きました。


――なぜ、YouTubeを始めたのですか
コロナ禍で一時期、私たちの仕事も中断してしまい、家にいて「考える時間」がたっぷりありました。新たな挑戦ですが、これからも、いろいろな人と遊んで、〝老後〟に楽しめる場を作っておきたいな、という気持ちが強かったですね。YouTubeって、一人ひとりが自分の放送局を持てるのですからね。私の場合はユーチューバーといわれる人たちと違って、自分のやりたいことをやって、撮影や編集はお任せしています。

――大学時代の新体操部のジャージ姿でラジオ体操をされた回は、再生回数22万回でしたね
びっくりですね。四十数年前の体操着があったこと、それを着た姿をみなさんに披露する場ができるなんて、かつては考えてもいなかったです。でも、本人が楽しいことをやらないと続かないし、みなさんにも楽しんでいただけないと思いますね。テレビもそうですけど、その人がまとっている空気って、本当に正直に伝わりますよね。面白くもあり、ちょっと怖い面でもありますね。

――水着のカレンダーも話題になりました。宮崎さんが希望されたのですか
40年はサラリーマンの方でしたら定年と同じくらいの大きな節目。記念になることをしたいと思いました。カレンダーを作ったことはなかったですし、写真集だと撮影枚数も多くて大変ですからね。
企画当初、私はオードリー・ヘップバーンみたいな、1950年代、60年代の女優さんや映画の雰囲気がある、まるでモード雑誌のようなおしゃれな感じにしたかったんですよ。でも、私のデビューのきっかけを作ってくださった篠山紀信さんにダメモトで撮影をお願いして、受けてくださいました。そこで水着が決まったようなものですね。篠山さんですから(笑)。
9月のはじめ、千葉県の九十九里で撮影しました。コロナ禍の外出抑制が緩和されて、初めての東京都外でのロケでした。ものすごく開放感があって、素敵な思い出を作ってもらったと思います。抵抗感は本人より、スタッフのほうが大きかったと思いますよ(笑)。

ボルダリングを始めました

――年齢を重ねていくなかで、体形維持も相当努力されたのでは
体形というよりも、自分にとって心地よい、健康な状態を維持することかな。このところ、それが比較的できていたのかもしれません。体重が極端に増えることも、これから先は減ることもよくないですね。そこは気をつけています。ラジオ体操もその一環ですね。家の中でできることをやっています。あと、筋肉を減らさないように意識し、鶏の胸肉などタンパク質を積極的にとっています。
最近ボルダリングを始めたんですよ。小さいころ、木登りが好きだったなあ、と思い出しまして。年齢に関係なく、始められることがある、ということが勇気になっています。
人と競争するのではなく、自身の体力と相談してチャレンジできるものを久々に見つけたな、と楽しんでいます。YouTubeでもご紹介していますが、身近なところで、次々と楽しみを拾っている気がします。
年を重ねて、気持ちに余裕が出てくるものではないでしょうか。「年甲斐がない」「出しゃばっている」とみられないかな、とか「こうしたほうが賢く見えるかな」といった余計なことはあまり考えないようにしています。
「人生100年時代」っていいますね。どれだけ健康に過ごせるかは、その人にかかってくるのですが、私もこの先、30年とか40年あるとしたら、先は長いぞ、元気で、動き回って、楽しみ尽くそうよ、という感じですね。いまは楽しみの種を探す時期だと思います。

【プロフィル】

みやざき・よしこ
 1958年、熊本市生まれ。熊本大在学中に篠山紀信氏の撮影で『週刊朝日』の表紙に。デビュー後は多数のテレビドラマ、映画で活躍。2000年、映画『雨あがる』(小泉堯史監督)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞



※生前整理の「断捨離」体験などインタビューの続きは終活読本『ソナエ』2021年春号に掲載しています。


関連リンク

     
  •    
  •    
  •      

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。