産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • 世界の仏教徒が一堂に 災害、テロ犠牲者を追悼 WFB日本大会

一般記事

ニュースをもっと見る

世界の仏教徒が一堂に 災害、テロ犠牲者を追悼 WFB日本大会

2018.11.15

抱負を語るWFBY会長の村上博雅氏

 「慈悲の行動」をテーマに、第29回WFB(世界仏教徒連盟)日本大会が11月5~9日に曹洞宗総本山総持寺(横浜市)などで開かれた。
 
 5~8日は千葉県成田市内のホテルで、大会テーマに沿って、世界各地で差別を受け、悲しみのなかにいる人々、経済的困窮に苦しむ人々に寄り添い、生きる希望を見いだすために議論。9日は総持寺で、世界各地で発生する自然災害やテロ犠牲者を追悼する平和祈願法要を行った。
 
 大会に合わせ、第20回WFBY世界仏教徒青年会議、第11回WBU世界仏教徒大学会議も併せて開催され、WFBYの会長に、日本人で初めて幽谷山洞雲寺住職の村山博雅氏が選出された。村山氏は「日本の仏教界が世界からどう期待され、どのように責務を果たしていくべきかを考える機会になる。しっかり邁進していく」と決意を述べた。
 
 大会では、「2018年東京宣言」を採択。再生可能エネルギーの採用など環境に責任を持った生活スタイルの推奨▽自然災害被災者への物資の支援、心のケアに尽力▽過疎地への終末期ケア、介護支援▽LGBTQなど社会的マイノリティーの権利保護|などを盛り込んだ。


     
  • 抱負を語るWFBY会長の村上博雅氏
  •      

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。