産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

一般記事

ニュースをもっと見る

【一条真也の供養論】④「ハロウィンは死者の祭り」

2018.11.01

 昨日10月31日は、ハロウィンだった。今年は暴徒が大暴れした東京の渋谷をはじめ、全国で多くの若者たちが仮装して大いに盛り上がった。
 ハロウィンはもともとキリスト教における「万聖節」の前夜祭で、日本では「お盆」に近い年中行事である。仮装した子どもたちが「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!」と言いながら、近所の家を訪問する。かぼちゃをくりぬき、中にろうそくを灯した「ジャック・オウ・ランタン」が有名だ。

 拙著『決定版 年中行事入門』(PHP研究所)に詳しく書いたが、戦後、日本人は多くの新しい年中行事を作り、あるいは受け入れてきた。その代表的なものこそ、クリスマス、バレンタインデー、そしてハロウィンである。
 國學院大學副学長で宗教学者の石井研士氏によれば、クリスマスがごく普通に行われるようになったのは、昭和30年代以降という。バレンタインはもう少し遅く、40年代の終わりくらいからだそうだ。それらの新しい年中行事から更に遅れたハロウィンは、20年ほど前は、今のような盛況ぶりは考えられなかった。ハロウィンほど一気に日本列島に浸透した海外イベントも珍しいと言える。

 その他にも、イースター、聖パトリックデー、サンクスギビングデー、ボスの日、セクレタリーの日、あるいはサン・ジョルディの日など、本来、日本の年中行事にはなかった記念日や年中行事が目立ってきた。
 年中行事のカタカナ化は、外来の行事の輸入にとどまらない。近年では「七夕」を「ラブ・スターズ・デー」や「サマー・バレンタイン」などと称して宣伝する店もある。

 カタカナ行事の〝王様“であるクリスマスは、日本のお盆と同じく、死者をもてなす祭りである。クリスマス・イヴの晩餐とは、もともと死者に捧げられた食事であり、この食卓では招待客が死者で、子どもたちは天使の役目を果たしているのだ。
 天使たち自身も、じつは死者なのである。昔のヨーロッパのクリスマスでは、子どもたちが死者の代理人として大人の家庭を訪ね歩く習慣があった。この習慣が、アメリカのハロウィンに受け継がれたのである。

 というわけで、ハロウィンは単なるドンチャン騒ぎするイベントではない。もちろん、お盆にも盆踊りのような楽しいイベントが付随しているが、そのコンセプトは「供養」である。たとえキリスト教徒でなくても、ハロウィンの夜には、今は亡きなつかしい人を思い出したいものだ。

 
 いちじょう・しんや
 1963年生まれ。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒。大手冠婚葬祭会社「サンレー」社長。『老福論』『葬式は必要!』『愛する人を亡くした人へ』『命には続きがある』『儀式論』など著書は90冊以上。2012年、『論語』の精神の普及により、第2回「孔子文化賞」を受賞。上智大学グリーフケア研究所客員教授。


関連リンク

           
  • 一条真也さん

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。