産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • デーモン閣下「破天荒というより、近代を相撲界に持ち込んだ」 元横綱 輪島さん葬儀

一般記事

ニュースをもっと見る

デーモン閣下「破天荒というより、近代を相撲界に持ち込んだ」 元横綱 輪島さん葬儀

2018.10.15

輪島さんとの思い出を語るデーモン閣下

 葬儀・告別式で「千秋楽」を献曲したデーモン閣下は、出棺後、「54代横綱輪島は、学生横綱出身であることを含めて、戦後生まれ、相撲という伝統、格式を重んじる世界で、破天荒といわれるけれど、大学を経て入った人であるがゆえに1970年代の若者がどんな思考をしながら世の中で生活しているか、大学生だったらどうすごしているか、その文化を相撲界に持ちこんだ人だと思っている。相撲界の中では破天荒ということになっているけども、言い方を変えれば、近代を相撲界に持ち込んだ横綱と言っていいと思う。次から次へと、あの時代の横綱、大関が他界している。相撲協会に残っていたら、理事長にもなっていたかもしれない。後進の育成にも独特の考えをもっていたので、昨今の相撲界のごたごたにもひょっとしたら、解決する役割をになっていたかもしれない」と輪島さんの功績をたたえた。


     
  • 輪島さんとの思い出を語るデーモン閣下
  •      

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。