産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • お墓に新潮流! デザイン墓急増、和型は3分の1に お墓購入者アンケート 全優石調査

一般記事

ニュースをもっと見る

お墓に新潮流! デザイン墓急増、和型は3分の1に お墓購入者アンケート 全優石調査

2018.07.26

 全国約300社の石材店でつくる「一般社団法人 全国優良石材店の会」が実施したお墓購入者アンケート調査で、「デザイン墓」と呼ばれるオリジナルデザインのお墓が急増している実態がわかった。従来の形にとらわれないお墓づくりの潮流をうかがわせている。
 調査は今年3月から5月までの期間に同会認定の石材店でお墓を購入した人を対象に実施し、約2400人から回答を得た。
 建てたお墓の形は、伝統的な「和型」は35.2%(前年比2.4ポイント減少)とほぼ全体の三分の一。堅調に推移していた「洋型」も43.7%(同0.4ポイント減少)と前年比割れした。一方、墓石にオリジナルデザインを施した「デザイン墓」は16.2%(同2.8ポイント増加)と、2004年の調査開始以来、初めて15%を超えた。
 2009年以降の10年間のトレンドをみると、和型は15.8ポイント減。洋型は13.3ポイント増、デザイン墓は3.9ポイント増となっている。
 地域別では、近畿、中国地方では和型が70%以上を占め、関東では洋型が60%以上。デザイン墓は北海道や中部で30%前後となり、他の地域に高い比率を示した。
 購入費用をみると、和型165.2万円、洋型160.5万円、デザイン墓166.5万円。大きな開きはなく、2009年以降の価格にも大きな変化はなかった。
 墓石を選ぶときに重視した点は、「石の色」が44%でトップ。次いで「石の材質」(43.5%)、「価格の手ごろさ」(36.6%)、「アフターサービス」(29.5%)。「国内産の石」へのこだわりは、全国では10.7%にとどまるが、近畿では44.5%、四国で32.2%、中国24.6%と高くなった。


関連リンク

           

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

up.png