産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

一般記事

ニュースをもっと見る

桂歌丸さんに最後のお別れ

2018.07.12

 2日に81歳で亡くなった落語家の桂歌丸さんの告別式が11日、横浜市港北区の妙蓮寺で営まれた。落語協会会長の柳亭市馬さん、林家木久扇さんら落語家や芸能関係者、ファンら約2500人が参列、日本テレビ系演芸番組「笑点」に50年出演し落語界の〝顔〟として親しまれた歌丸さんとの最後の別れを惜しんだ。
 師匠の桂米丸さんは弔辞で歌丸さんの若い頃の思い出から語り「『笑点』で一躍名をなし、古典にもじっくりと取り組んだ。お見事でした。家族、周りに支えられた幸せな人。ゆっくりとお休みください」としのんだ。
 友人代表として歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんは時折おえつしながら「やるべきことを全てやり尽くして旅立たれた。独り勝ちみたいなもので、師匠、勝ち逃げはずるいよ」と話した。
 落語芸術協会(芸協)会長代行の三遊亭小遊三さんは「協会のシンボル、大黒柱を失いぼうぜんとしている。一人一人が力をつけて確固たる協会を築いていきたい」とあいさつした。
 告別式は、歌丸さんが会長を務めた芸協と遺族が合同で開催。会場では、最後の高座となった4月19日、東京・国立演芸場での「小間物屋政談」の映像が流れ、詰めかけたファンが見入っていた。


     
  •      

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

up.png