産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • 「終活」情報を家族と共有 イオンライフの新サービス 6月1日から

一般記事

ニュースをもっと見る

「終活」情報を家族と共有 イオンライフの新サービス 6月1日から

2018.05.31

  流通大手イオンの子会社で葬祭事業イオンライフ(千葉市)は6月1日から新しい会員制のサービスを始める。葬儀の割引を受けられるほか、人生の終わりを想定して身辺整理や相続準備をする「終活」情報を家族と共有できる。入会金は500円で年会費は不要。6月1日に始める。「終活」は本人だけの活動となりがちだが、新サービスは家族に意思が伝わらない事態を防ぐことをねらう。
 新サービス「イオンのお葬式」〝そなえ割〟に入会すると、会員番号が記された会員証2枚を発行される。うち1枚を2親等以内の家族に渡すことができる。本人の死去後に家族がコールセンターに番号を伝えて問い合わせると、葬儀の形式や規模といった希望や相続などの意思、遺影用の写真を撮影していたかなどが確認できる。生前に家族に伝えることのできる情報の範囲は本人が指定できる。
 会員には葬儀代金が最大6万円割引となるサービスもある。
 イオンライフはコールセンターやフェアで葬儀の希望や相続などの相談に乗っている。終活の内容を遠方に住む家族が知らず、葬儀後に知って後悔することがあるとの声を聞き、新サービスを始めることにした。
 コールセンターでは本人から相続や贈与に関する相談にも応じる。墓や仏壇、自宅の片付けのサービスも割引価格で利用できる。
 「イオンのお葬式」相談窓口は0120・394・394。


           

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

up.png