産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  •  「生活習慣病」や「要介護認定者」も視野に入れた葬儀保険 ベル少額短期保険から登場

一般記事

ニュースをもっと見る

 「生活習慣病」や「要介護認定者」も視野に入れた葬儀保険 ベル少額短期保険から登場

2018.01.31

 生活習慣病の人や、要介護認定を受けている人までも引受の視野に入れた「葬儀保険」が、「ベル少額短期保険」(福岡市)から1月から新しく発売された。多種多様な葬儀保険があるなかで、健康上の理由で保険加入を諦めていた人にとっては、「万が一」の際の安心を広げることになる選択肢が、より広がることになる。


 新しく発売されたのは「葬儀保険『千の風』引受Wide(特約)」。

例えば7大生活習慣病(癌・心疾患・脳血管疾患・高血圧疾患・糖尿病・肝疾患・腎疾患)の既往症を持っている人や、要介護認定(一定範囲)を受けている人でも加入できる可能性がある。


 「千の風」(主契約)では、保障額が50万円から300万円の間で8プランが用意されているが、今回新しく発売された「引受Wide(特約)」は、50万円、80万円、100万円の3プランに限定される。

 加入にあたっての医師による診査は必要ない。年齢が85歳10カ月までの人が申し込み対象で、100歳まで死亡保障が受けられる。


「千の風」(主契約)では、加入年齢が50歳から69歳の場合、月々2000円の保険料で100万円の死亡保障が得られるが、「引受Wide(特約)」で引受ける場合、通常、保険料はこれよりも高くなる。いずれも解約払戻金や配当金はない、掛け捨て型の保険になっている。


 葬儀保険は、被保険者にもしものときが訪れた場合、葬儀費用など、遺族に直ぐに必要となる費用に備えるもの。少額短期保険の業者などが商品化したものが普及している。ベル少額短期保険は1984年に創業した事業者で、2008年に発売を始めた少額短期保険「千の風」は葬儀保険のパイオニア的な保険の一つとして知られている。


 同社では「これまで保険への加入を諦めておられた方も応援します。今後も、とりわけご高齢のお客様の死亡保障に関するきめ細かなニーズにお応えすべく懸命に努めて参る所存です」と話している。


 問い合わせや資料請求は同社お客様相談室0120-444-000へ。


           

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

up.png