産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • 終活読本「ソナエ」2018新春号発売 特集は「よくわかる お墓の引っ越し」 高島礼子さんインタビュー「父の介護を15年」も

一般記事

ニュースをもっと見る

終活読本「ソナエ」2018新春号発売 特集は「よくわかる お墓の引っ越し」 高島礼子さんインタビュー「父の介護を15年」も

2018.01.15

 終活季刊誌「ソナエ」(産経新聞社刊)の2018年新春号が15日発売された。特集は「よくわかる『お墓の引っ越し』」。遠い郷里のお墓を都会の霊園などに移す方法について説している。巻頭インタビューは女優の高島礼子さん。15年にわたって続けている父の介護などについて語っている。
 「よくわかる『お墓の引っ越し』」では、跡継ぎがいないなどの理由で2人に1人が郷里のお墓が無縁墓になることを心配しているとう現状を踏まえ、遠くてお参りにも行けない郷里のお墓を近くに引っ越すためのノウハウを徹底解説。菩提寺への相談から、行政手続き、現代にマッチした都会のお墓、実際の引っ越し作業、そして古い墓石のリサイクルに至るまで、実例を交えて丁寧に取材している。
 一方、人生最大のショックといわれる配偶者との死別。そのストレスで「後を追うように亡くなる」リスクは41%も急増するという。その悲嘆をサポートする社会のシステムや一歩踏み出すためのヒントも紹介される。
 また注目の「アロマテラピー」や「香道」など、生活を豊かにする「香りのチカラ」についても特集。最近の研究で、柑橘類の香りが認知症の抑制に効果があることなどが報告されているという。
そのほか、33年前の日航ジャンボ機墜落事故で夫の坂本九さんを亡くした女優、柏木由紀子さんに、この33年間についてインタビュー。また永六輔さんの愛娘、永麻理さんは、父・六輔さんが亡き妻に送った1500通も書き送った手紙について語っている。
 好評の「弔問エチケット完全ガイド」は第3弾「香典のマナー」。金額の目安や、地域による習慣の違いなどが浮き彫りにされている。
 同誌は840円+税。全国の主要書店およびamazonで販売されている。


     
  •      

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

up.png