産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ お墓探しは、資料請求、見学予約、その他どんなことでもお気軽にご相談ください
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ

一般記事

ニュースをもっと見る

「学べる終活テラス」 11月2日まで、東京交通会館

2017.10.31

会場では専門家が相続税などの相談に乗ってくれる=東京交通会館

にぎやかな「学べる終活テラス」会場=東京・有楽町の東京交通会館

 終活について無料で相談ができる期間限定スポット「学べる終活テラス」が30日、東京・有楽町の東京交通会館で始まった。11月2日まで。葬儀や墓などに関する相談をはじめ、生前整理、遺言、相続、遺贈寄付などの専門家が相談に乗る。各種セミナーも開かれている。
 終活カウンセラー協会などが実行委員会をつくって初めて実施。同会館1階のオープンスペースでは、行政書士や不動産などの専門家が、それぞれ来場者の相談を受け付けている。30日は約60人が会場を訪れ、「家族葬」などの現状や、遠い郷里にあるお墓の引っ越し(改葬)などを中心に、相談が行われた。また「おひとりさま」の時代を反映して、遺産の受け取り手がない場合の社会貢献などについても相談があったという。
 一方セミナーは同会館地下2階の会議室で行われている。「家族に伝えるエンディングノートの書き方」では、終活カウンセラーが「エンディングノートは法的拘束力はありません。まず自分自身がどうしたいかを自由に書いてみてください」とアドバイス。とくに終末期の医療(延命治療、尊厳死、臓器提供など)については、すべてを家族任せにすると、逆に家族が困る、と強調した。
 セミナーの参加者には、遺影としても使えるポートレートの撮影サービス付きで、後日、フレームに入れて写真がプレゼントされる。
 今後のセミナーの予定は、次の通り。
 ▽11月1日
 11:00~11:40 「おひとりさまの老い支度~身元保証人制度を知っておこう~」
           (いきいきライフ協会)
 13:00~13:40 「遺贈寄付を知っていますか」(国境なき医師団)
 15:00~15:40 「家族に伝えるエンディングノートの書き方」
           (終活カウンセラー協会)
 ▽11月2日
11:00~11:40 「家族に伝えるエンディングノートの書き方」
           (終活カウンセラー協会)
13:00~13:40 「遺贈寄付について」(全国レガシーギフト協会)
15:00~15:40 「遺言書作成のすすめ」(オーシャン)

 問い合わせは「学べる終活テラス」実行委員会((株)ドリル内)050-5217-5569


     
  • 会場では専門家が相続税などの相談に乗ってくれる=東京交通会館
  •  
  • にぎやかな「学べる終活テラス」会場=東京・有楽町の東京交通会館
  •    

「ソナエ」は、産経新聞社が運営する安心できるお墓探しサイトです。
ご希望のお墓の資料請求や見学予約をしていただけます。
詳細は安心のお墓探しとはをご覧ください。

up.png