産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • 【松方弘樹さん偲ぶ会】「奥さんと幸せだと思っていたのに」富司純子さん贈る言葉

葬儀ルポ

ニュースをもっと見る

【松方弘樹さん偲ぶ会】「奥さんと幸せだと思っていたのに」富司純子さん贈る言葉

2017.06.07

 東映時代に共演していた女優・富司純子さん(71)は松方さんの最近の意外なエピソードを明かした。
                  ◇
 私が松方さんと共演させていただいたのは、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志』。お千ちゃんという役で、お千ちゃんが嫁いでいくときにかごをかいてくださった、そんな思い出があります。『博徒』でも共演させていただきました。

 東映では、私の最後の『緋牡丹(博徒シリーズ)』でご一緒したと思います。数えるくらいなんですけれど。NHKの大河ドラマで松方さんが徳川家康をなさって、私が寧々で共演させていただいたのが、だいぶたってのことでありました。

 何年か前に私が麻布のスーパーで買い物をして出てきたとき、「純子ちゃん」って呼んでくれる人がいて、「この年で純子ちゃんって誰?」って思ったら松方さんで、なんか「奥さんに買い物を頼まれて来た」って言ってらして、「僕はもう酒もやめて、純子ちゃん家の近所をいつも散歩しているんだよ」っておっしゃっていたので、すごく体を大事にしていらっしゃるんだな、奥さんと幸せなんだなと喜んでいたら、この訃報を聞いて本当に残念に思います。

 これからもっともっと素敵なお芝居をなさる方なのに、本当に残念です。きょうは発起人の1人に誘っていただいてとってもうれしかったのですが、松方さんのおかげで古い東映時代のみなさんとお会いできて、同窓会みたいなことができて本当にありがたかったです。これも松方さんのきょうの偲ぶ会のおかげと感じております。

 きょうは発起人の1人として感謝します。こんな大勢の方がお集まりいただき、ありがとうございます。

           

up.png