産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • 【藤村俊二さん献花の会】いつも謙虚でジェントルマン 女優、中村メイコさん(82)の話

葬儀ルポ

ニュースをもっと見る

【藤村俊二さん献花の会】いつも謙虚でジェントルマン 女優、中村メイコさん(82)の話

2017.02.14

参列する中村メイコさん

 (藤村さんは)まったくの同い年なんです。おヒョイというのは東京っ子です。江戸っ子というのがポピュラーなりましたけれど、江戸っ子ではなくて本当に純粋な東京っ子。私もそうなので。芸能界というのは意外に東京生まれって少ないんですよ。いまのことは分からないけど、昔は。だから、血のつながらない双子みたいに、よくおヒョイとは気が合って、おしゃれの話も、酒の話も、異性の話も。

 完璧にレディーファーストの人でした。それもわざとらしいレディーファーストじゃなくて、さりげなくて、控えめで、それでいて「こういう日はおヒョイじゃなくちゃね」って感じで。

 「昭和九年会」ではたいした難しい話をするわけでもなく、演技論なんかまったくしないし、ただおいしいお酒を東京人らしくしゃれて飲むというのがテーマでしたね。如才ない人ですから会でもまったく敵をつくらず、いつの時代も、いつの日もにこやかで謙虚でジェントルマンでした。

 九年会は石原裕次郎もいましたし、裕ちゃんもおヒョイさんも同じ成城なんですね。だから、本当にほとんど仲間はいなくなったなぁって。美人薄命って言葉の逆証明で私は残ってしまいましたけれど(笑)。おヒョイがいなくなったお知らせを受けて、ぜんぜんさみしさが違いますね。「もう、いつでも私も逝けるや」と思って。

 飲み友達というのがほとんどいなくなっちゃいましたね。逆に九年会のみなさんは天国で大宴会ですよ。おヒョイが行ったら「来たか。任せておけ」ってそんな感じだと思いますね。私もせいぜいおしゃれをして早く行こうと思います。

     
  • 参列する中村メイコさん
  •      

up.png