産経新聞
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
0120-789-062 ※受付時間 9:00~20:00 (年中無休) メールでのお問い合わせ
  • トップ
  • ニュース
  • 「部屋を天から、空から見ていてください」 元小結時天空の葬儀しめやかに

葬儀ルポ

ニュースをもっと見る

「部屋を天から、空から見ていてください」 元小結時天空の葬儀しめやかに

2017.02.07

時天空の告別式に参列した鶴竜=東京都墨田区の回向院

時天空の告別式に参列した八角理事長=東京都墨田区の回向院

 大相撲の元小結時天空で、悪性リンパ腫のため1月31日に37歳で死去した時天空慶晃さんの葬儀・告別式が2月7日、東京都墨田区の回向院念仏堂で営まれ、横綱鶴龍や日本相撲協会の八角理事長ら角界関係者らが参列し、くせ者といわれた業師との最後の別れを惜しんだ。

 時天空さんはモンゴル出身。国立モンゴル農業大学2年生のときに東京農業大学に留学し、学生相撲で頭角を現した。

 学生時代の指導者で東京農業大学相撲部監督の安井和男さんは弔辞で、「初めてあったときは『細い子だな』と思いました」と出会いを振り返り、こう続けた。

 「東京農大に合格し、持ち前の明るさと何にでも挑戦するという姿勢で学生相撲に挑み、めざましい成長を遂げてくれました」「自信をつけたのだと思います。それまでは『モンゴルに帰って先生になりたい』と言っていたのですが、『力士になって頑張りたい』と相談にまいりました」

 そして時津風部屋に入門。2002年の名古屋場所で初土俵を踏んだ。

時天空の出棺=東京都墨田区の回向院

 部屋の兄弟子にあたる元関脇で幕下力士の豊ノ島さんは弔辞で、「若いときは本当に嫌というほど稽古しましたね。いつもけんかみたいな稽古でした。でも、おかげで2人とも関取になれました」と振り返り、「これから時津風部屋を天から、空から見ていてください」と語った。

 時天空さんは幕内在位63場所。14年1月に日本国籍を取得した。15年の名古屋場所中に肋骨付近に痛みが発生。最初は「肋骨にヒビが入っている」と診断されたが、その後の検査で悪性リンパ腫と判明し、同年九州場所から闘病生活に入った。復帰を目指したが16年8月に引退し、間垣親方となっていた。

     
  • 時天空の告別式に参列した鶴竜=東京都墨田区の回向院
  •  
  • 時天空の告別式に参列した八角理事長=東京都墨田区の回向院
  •      
  • 時天空の出棺=東京都墨田区の回向院
  •